方法を間違うと大変な脱毛

ムダ毛は放置するわけにもいかず、仕方なくケアしているところがあります。
なるべく手間とお金が掛からないように考えて、部位別でいろんな方法を取り入れています。
脚や腕は範囲も広く、よほどの剛毛でなければ剃っても良いかと思いますが、頻度を考えたほうが良いです。
方法を間違うと大変な脱毛
友人は、脚のムダ毛を剃って少し生えかけた頃に運動会練習になり、簡単な組体操があって、自分のすねに足を当てて組むというスタイルがあったので、チクチクして大変な目にあったそうです。
また、プールに入る時期はワキのケアもしっかりとしないと目立ってしまいますが、自分では見えにくいので剃る時に傷を作ることもあります。
また、ワックスや毛抜きで脱毛する場合も、肌を引っ張って赤みが出たり出血することもあります。
ワキは傷の手当てもしにくい所なので厄介ですし、もっと大変なことにその傷に汗やプールの水などが滲みて化膿してしまうこともあります。
クラスメイトはワキが腫れてしまい、病院に行って包帯まで巻かれてプールに入るどころではなくなりました。
このようにセルフでのムダ毛ケアは面倒なことがいろいろとあります。
一番良いのはやはりサロンでプロに脱毛してもらうことですが、しっかりと調べてから行くのが良いと思います。
体験をしてからカウンセリングだと思いますが、しつこい勧誘を断るためには一人で行かないなどの対策も必要です。
もちろん納得して通ったサロンではプロの技術に満足できるものです。
お金と時間、手間などと満足をしっかりと比べてムダ毛ケアの方法を決めたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です