ホルモンバランスが乱れること

ホルモンバランスが乱れること
思春期はホルモン分泌が活発になる時期に、男性ホルモン量が多くなり、体毛が濃くなりやすく、腋毛、デリケ—トゾーンの毛が目立ってきます。
処理しても毛が生えやすくて、過剰な処理で肌を傷めたり、結果太い毛が増えたり悩みが増えやすく、思春期を過ぎて、ホルモンバランスが落ち着けば体毛が薄くなったりします。
妊娠中女性ホルモンは増えますが、その変化で、バランスが乱れやすい時期になり、場合によってはへそ下や乳輪などの産毛がこくなったりします。
出産後妊娠中濃くなった体毛が薄くなることも、卵巣の活動が更年期は低下して、女性ホルモンが減ってきて、男性ホルモンが減りにくいこともあって、結果それが優位になって体毛が濃くなることも。
ホルモンバランスが乱れるのはこれらの時期以外に、女性ホルモン減少の要因があります。
女性ホルモン小野とは体脂肪で急にこれが減ってくれば、ホルモン生産量が減って、男性ホルモンが夕になってきます。
牛肉の赤身には男性ホルモン分泌の活性化させる効果があって、たくさん食べれば多くつくられ、体毛が濃くなります。
そして自律神経の乱れの原因はストレスで、これでバランスが変化して、体毛が濃くなってしまいます。
また、喫煙は女性ホルモン分泌痛が落ち男性ホルモン優位となります。
そして体毛を目立たなくさせるには早寝早起き・バランスいい食生活・ストレスハアさんのためスポーツをするなどがあります。